当組合は、組合員の事業を支援する共同受注をはじめ各種活動を行い、組合員の経営の合理化と競争力の維持強化を図るため、中小企業協同組合法に基づく事業協同組合として昭和56年2月に設立されました。
  爾来、関係諸官庁の深いご理解とご指導の下、県民の「衛生的で快適な生活環境創出」を目指して鋭意努力し、実績を積み重ねてまいりました。
  昭和57年には、その実績が認められ四国通産局長より「官公需適格組合」の認定を受け今日に至っております。
  ご案内のとおり、近年、ビルの高層化・大型化・気密化が大幅に促進されたため、その維持管理には、より専門的なプランニングと技術力が求められるようになってまいりました。
  平成13年に建築物衛生法が改正され、トータル的な建築物の維持保全や環境衛生管理が行えるよう、人的・物的要件の具備が義務づけられた「建築物環境衛生総合管理業」が知事登録業種として新設されました。
  当組合では、この「建築物環境衛生総合管理業」の知事登録も受け、より一層 「質の高い安定したサービス」が継続的に提供できる体制作りを行っております。
  さらに、県下36社の組合員で組織する当組合は、ビルメンテナンス業務
のみならず運輸業務、食堂経営、駐車場経営、各種施設の運営管理等々に
関する多岐にわたる能力を保有しています。
  これからも組合員が蓄積している知識・技術等をフルに活用して、
「地域社会の期待と信頼」に応えてまいる所存であります。